1. 無料アクセス解析








プロコンBOY WA 0.3mm トリガータイプ35%OFF
指の疲れが少ないタイプ
PS269 プロコンBOY WA プラチナダブルアクション(ノズル口径:0.3mm)35%OFF
基本のエアブラシ
PS305 Mr.リニアコンプレッサーL5/プラチナ/レギュレーターセット 40%OFF

35%OFF! Mr.スーパーブース 35%OFF

クレオス Gツール Mr. カラーストッカー PRO GT30《発売済・取り寄せ品》

GSIクレオス ドレン&ダストキャッチャーII エア調整機能付

タミヤ スプレーワークHG トリガーエアーブラシ

タミヤ エアーブラシシステム No.13 スプレーワーク エアーブラシスタンド

タミヤ ペインティングブースII (ツインファン)(U3477)



エアブラシ ハンドピース ドイツ製 エアテックス【送料無料】エアブラシ H&S ドイツ/ハーダー&...
高級品
エアテックスエアブラシパーツ 3連ホースジョイント Sネジ

【当店ポイント2倍】エアテックス エアブラシホルダー AH01【税込】 AT AH01エアブラシホルタ ...

塗装,ブース,エアテックス,スプレーボックス【送料無料】エアブラシ スプレーブース THE BLACK ...

エアブラシ コンプレッサー エアテックス 【送料無料】ネイルアート コンプレッサー サイレン...

【ルーペ・虫眼鏡・拡大鏡】時計修理・アイルーペ・ワイヤー付LEDライト付時計見ルーペ(5倍)P-55

超音波小型カッター USW-334

★☆★ ポイント 2倍 ★☆★ 2009/03/06 20:00~2009/03/18 23:59DG-B2 キレイに撮り隊 デジカ...

PROXXON(プロクソン) 集塵テーブル(ミニルーター用)No.22700

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ガンダム世代

先日、いつものように嫁と古本屋に行くと、嫁がこんな本を見つけてくれました。
1999年初版の「ガンダムエイジ」です。
mk613

内容はガンダムの製作秘話やカルト的な内容が書かれていました。
特に興味深かったのはサンライズの飯塚正夫氏語る「ガンダム誕生の秘密」です。
ココからはネタバレになるので・・。(知っている方もいらっしゃるかも知れませんが)


お急ぎでなければクリックをお願いいたします。

ガンダムの最初の企画案は十五少年漂流記だったそうです。
(のちにこの企画は銀河漂流バイファムになりよみがえるのだろうと思います。)
ダメもとでクローバー(サンライズの初期のメインスポンサー)や代理店に言い続けてやっと企画が通り、ここのガンダムの第一歩が始まったそうです。
企画の初期段階では、十五少年漂流記がモデルなのでロボットを出すつもりはなく戦艦がメインの物語だったのです。
そして当時の企画名は

「フリーダムフォートレス」

どっかで聞いたような名前がありますね、そうそれはフリーダム!!。
この「フリーダムフォートレス」の名がのちのフリーダムガンダムを生み出すことになったとかならなかったとか(ウソ)
しかし、クローバーの重役から「こんな木馬のオモチャ作っても商売にならない、ロボットを出せ」の一言でロボットを出すことに・・。
だけど今まで(ザンボットやダイターン)みたいな巨大ロボットを出したくないとのことからパワードスーツみたいなものをで行こうと決まり企画が進行、その後色々なメカ設定などを決めていき最初の仮タイトルを

「ガンボーイ」

これは有名ですね。それが商標的に弱いってことで、ガンボーイのガンと最初の企画名フリーダムファイターのフリーダムからダムを取って

「GUNDUM」

となったそうです。でもUが二つあって読みにくいからDAM(この表記だと建設的な意味らしいです)に変更し

「GUNDAM」

こういった経緯を経て、機動戦士GUNDAMの名ができたのだそうです。

そして放送が開始されるのですが(ここからが興味深い)見事に視聴率が取れなかったそうです。
そして富野監督たちがスポンサーに呼び出され(ここ重要)テコいれのために

「新しいヤラレメカ」

を出すことになったそうです。
そしたら安彦さんが世界観が変わっちゃうって怒り出して「それなら26話で終らせて27話から新番組にしたほうがいい」って言ったそうです。
もしそうなっていたら後のガンプラブームもなかったし、今につながるガンダムムーブメントは生まれなかっただろうと思います。
その後、スタッフが知恵を絞り現実の戦争なら古くなった兵器はなくなっていくように、、世界観に合わないヤラレメカは排除していくってことに落ち着かせたそうです。
そこで富野監督があんなデザイン・こんなデザインと頭をひねり

「ムチを持っているもの」

が出てきたりしたそうです。そうみなさんもうお分かりですね。
この一連の騒動がなかったらあの

「ザクとは違うのだよザクとは!!」

「グフ」

が生まれることはなかったのだろうと思いますし、後の沢山のジオンMS群たちも生まれることもなく、今のガンプラのバリエーションが沢山ある状況も出来ていなかったのだろうと思います。
しかし、肝心のオモチャは売れずスポンサーから打ち切りの話が出ていたそうです。
(私もよく覚えていませんでしたが、TV放映当初はガンプラはなかったそうです。)
事実最初は52話だった話が42話になっています。
しかしサンライズががんばってクローバーにプラモデルを出したい(ヤマトのプラモデルはバカ売れだったから)と話すと、「ウチは出さない」と門前払い、そこで他社と交渉させてくださいと頼み、
ココにサンライズ&バンダイのタッグが出来たのだそうです。
しかし打ち切りの話は決まってしまい、プラモデルの話も立ち消えになりそうな時に

劇場版「機動戦士ガンダムⅠ」

が上映され大ブレイク!!
その後ガンプラブームが起こり現在に至っています。

飯塚氏も言われていますが。最初の三ヶ月で視聴率取れなくて毎回ヤラレメカを出すことになり結果的にガンプラのバリエーションを増やすことになったってこと。
このことは当然社外秘ですからまったく知りませんした。
まさに「瓢箪から駒」「事実は小説よりも希なり」って感じで大変おどろきました。

その他にも私の知らない内容が沢山書かれていて、また一歩ガンダム博士に近づいた気分です。



別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
2007-04-06 Fri 06:15 ∧top | under∨
<<ジョニー・ライデン専用ゲルググキャノン | mak's imagination box | ガンダムパイロット列伝>>

この記事のコメント

makさん、こんばんわ~。
一昨年だったと思うのですが、NHKの衛星だったかと思いますが、
ガンダム特集やってまして。
オリジナル音源の映画3作全部放映して、
富野監督のインタビューや、
土田さんたちガノタ芸能人も出演と豪華な番組があったのですが、
その時にヤラレメカを出せと、スポンサーから強要されたと、富野監督が語ってました。
水陸両用MSが多いのは、その辺りがスポンサーからの圧が特に多かったと言ってた気がします。
記憶があいまいでスミマセン(汗

しかし26話で終わらせようって…マジっスか(滝汗
終わらなくて良かったです^^;
クローバーって懐かしいな~。
超合金出してたとこでしたっけ?違います??
ああ、それにしてもバンダイばんざい^^
2007-04-06 Fri 22:44 | URL | ぐっちMAX #-[ 内容変更]
ぐっちMAXさんこんばんは~。
NHKの番組は知っていましたが見ていませんでした。
その時に富野監督が話しをしていたのですね。
知りませんでした。
しかし本当に26話で終っていたらと恐ろしくなります。
クローバーはガンダムの超合金を出していたところです。
たしか今はもうない会社ですけど・・。
ほんとうにバンダイ万歳!!。
2007-04-07 Sat 03:37 | URL | mak #QMnOeBKU[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| mak's imagination box |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。